バリアフリーとリフォーム

最近リフォームする人が増えてきていますが、理由として多いのがバリアフリーを考えた高齢者への為のリフォームです。しかし、最近は50代、60代でもまだまだ仕事をバリバリしていて元気な方が多く、老後のことを考えたりフォームはまだまだ先でいいと考えがちです。しかし、いざその時になって新しい事をすると慣れるのに時間がかかったり、ついていけなかったりします。ですので簡単なリフォームは今のうちにしておくと楽かもしれません。例えば、ガスコンロを安全性の高いIHヒーターにする、トイレを和式から洋式へ、お湯や電気などはワンタッチのパネル操作など、早いうちに交換して慣れておくと後からが楽になると思います。また、もし入院などをして中長期後に退院したときに入院前と身体の状態が違った場合、それによるリフォーム内容をあらかじめ考えておかないとトイレはリフォームしたけど、その後お風呂もしないといけない、となったときには追加で費用も時間もかかりますので一度に済ませられるようにしておいたほうがいいと思います。高齢者の為のリフォームの目的は、安全性の向上、自身の生活の中での自立、介護者の負担の軽減などがあげられます。人は動かずに寝ていると筋力が低下していきます。トイレに行く、お風呂に入る、料理をするといった日常生活がリハビリに繋がりますので、自立した生活を送るために考えてリフォームをすることが大事だと思います。実際にリフォームを頼むときにリフォーム業者全てがバリアフリーの内容で受けてくれるとは限りません。経験がない業者もいますので、まずはPTやOTなどの医療福祉の専門家の人たちに相談してみるといいと思います。リフォーム内容によっては通常のリフォームとは違ってきますのでよく考えられてからのほうがいいものになると思います。高齢者のかたもそれを介護する人もお互いが支え合えるようによりよいリフォームを目指してください。